読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXボーグ | テクニカル実験室

テクニカル分析を使った自動売買プログラムの開発に挑戦!

スポンサーリンク

BSI(Bounce Strength Indicator)を作成しました。

VSAを勉強している時によいアイデアが浮かんだのでインジケータを作成しました。

名前はBSI(Bounce Strength Indicator)です。
ワイコフメソッドのスプリングボードのパターンをみて思いつきました。
掲載先はhttps://www.mql5.com/en/code/13407です。

はじめてmql5.comに投稿したのですが、ルールなどよくわからず何度も申請してやっと掲載されました。
  ====

c9da2200.g

BSIを測定するには?

サポートラインの反発力の強さ:

(close - low ) * ( レンジの高値 - low ) / レンジの幅

 レジスタンスラインの反発力の強さ:

(high - close) * ( high - レンジの安値 ) / レンジの幅

この計算方法は、以下のことを意味します。

  • 低い位置からの上昇であるほど、買い圧力が強い。
  • 高い位置からの落下であるほど、売りの圧力が強。
 

このアイデアはシンプルですが、レンジブレイクアウトの先​​行指標になり得ます。

ディスプレイ:

  • プラスヒストグラムは - 安値からの反発力を示します。
  • マイナスヒストグラムは - 高値からの反発力を示します。
  • 中央の線 - プラス/マイナスの差の平均値。