FXボーグ | テクニカル実験室

テクニカル分析を使った自動売買プログラムの開発に挑戦!

スポンサーリンク

【VSA】ファーストステップ ノーサプライバー(完)

いよいよVSAファーストステップガイドも最後になります。
これで本格的な分析を学ぶことが可能です。

一般的にダウントレンド中のハイボリュームでワイドスプレッドのアップバーは強さを表しています。
しかし、このようなアップバーはダウントレンド中によく現れます。特に一時的な反発やリトレースメントの直前によく見られます。 ダウントレンドの底でボトムを形成しているときにこれを見極めるのはとても困難です。

そこで「ノーサプライバー」の出番です。
ノーサプライバーは名前のとおり 供給がないこと、そして「強さ」を表す指標です。

ノーサプライバー
  • ナロースプレッド
  • ローボリューム
  • ダウンバー
  • ダウンクローズ(中値以下)
上記がノーサプライバーの条件です。

ノーサプライバーは初期のボトムリバーサルに現れると強さを示すとされています。
また、アップトレンドでのトレンド継続の兆候としてよく見つかることが一般的です
それらはバーを連結することでよく発見することが出来ます。

73a8f722.g

ノーサプライバーはバックグラウンドの文脈と照らし合わせて見る必要があります。

ボトムリバーサル時のノーサプライバーは利用可能な供給がないことを意味しています。
そして、スマートマネーはマークアップの準備が出来ています。
その為、このバーが供給のテストの前後に出現する場合は特に強さを示していることになります。
 
価格の上昇時にノーサプライバーが現れる場合はスマートマネーが市場に参加していないことを示します。
(このあたりは解釈するのが難しいかもしれません・・・)