FXボーグ | テクニカル実験室

テクニカル分析を使った自動売買プログラムの開発に挑戦!

スポンサーリンク

【VSA】ファーストステップ 上昇トレンドでの弱さを探す。

VSA ファースト・ステップガイド

それでは、実際のVSAに入っていきましょう。

まずはスマートマネーから・・・

スマートマネーのオペレーション
次のようにスマートマネーは基本的に4つのフェーズに市場を誘導します。 
1. アキュームレーション(仕入れ、在庫を溜め込む) 
2. マークアップ(値上げ) 
3. ディストリビューション(分配、販売キャンペーン) 
4. マークダウン(値引き)
スマートマネーのオペーレーションを理解することはVSAへのより良い視点を与えます。

スマートマネー、インサイダー、プロフェッショナルなど呼び方はいろいろです。

VSAは個々のバーの「強さ」と「弱さ」を測定します。それに加えてバックグラウンドの「強さ」と「弱さ」に注目します。
私たちは常にアップトレンドのでの「弱さ」、ダウントレンドでの「強さ」を探す必要があります。

個々のバーではスプレッドとボリュームに基づいて「強さ」と「弱さ」を表すことが出来ました。
それでは、トレンドでの「強さ」と「弱さ」はどうでしょうか?

まずは、アップトレンドの弱さから見ていきます。
もっとも容易に識別可能と言われているものに「アップスラストバー」というものがあります。

UPTHRUST BAR(アップスラストバー)
  • ワイドスプレッドバー
  • ハイボリューム
  • ダウンクローズ

ワイドスプレッド、ハイボリューム、そしてダウンクローズ。これをアップスラストバーと言います。
価格はその時間で値上げされたことを意味します。価格はその終値に近づくにつれ安値または安値付近まで下がります。 ボリュームも終わり値のつくころは低下しました。

これをスマートマネーの視点で見てみましょう。
スマートマネーは価格をマークアップしました。
そのバーの開始時に強力な強気を見せ、この動きによって弱者を誘惑しました。
人々は慌てて買います。ショートポジションをもっている人々はロスカットしたしょう。
一方、スマートマネーはその間静かに手持ちの弱いマネーを配布します。
そのバーの後半ではスマートマネーは価格を大幅に値下げします。
はるかに高い価格で買った人々をトラップにかけ、人々から安価に買い取ります。

このような理想的状況を作り出すためにアップトラストバーはアップバーの後に、通常よりワイドスプレッド+ハイボリュームのバーとして現れます。価格を値上げし弱者を誘惑するのが簡単になります。
アップトラストバーは通常、新しい高値圏に作られます。以前の高値を越えています。出来高を特に考慮する必要があります。