読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXボーグ | テクニカル実験室

テクニカル分析を使った自動売買プログラムの開発に挑戦!

スポンサーリンク

VPサポートレジスタンスでトレンドを見るには・・・

マーケットプロファイル
VPサポートレジスタンスインジケータは短期(2日)、中期(7日)、長期(26日)のよく取引された価格をラインとして表示するものです。今回は短期と中期のヒストグラムのピークを表示してみました。

USDJPY(H1)
f64628df.g
  • 黄が短期(2日)
  • 紫が中期(7日)
  • 赤はVWAP(8時間ごと)
FXでVWAPというと

VWAPの計算式

その期間の(安値+高値+終値) ÷ 3 × 出来高  ÷  総出来高  

(https://www.mql5.com/en/market/product/8196)
のことらしいので6時、14時、22時に24時間のVWAPを表示しました。
正直VWAP自体は移動平均と大した違いはありません。
8時間ごとに水平のラインを引くことでトレンドが明確な時にサポートラインとして使用できそうなので引いてみました。

トレンドの判定には短期(黄色)と中期(紫色)の線を使用します。

上昇トレンド

中期ライン < 短期ライン < 値動き
 

下降トレンド

中期ライン > 短期ライン> 値動き
 
 
という感じでどうでしょうか。

もみあいの判定が難しいですね。売買ルールにはADXも併用した方がよいかもしれません。