FXボーグ | テクニカル実験室

テクニカル分析を使った自動売買プログラムの開発に挑戦!

スポンサーリンク

【VSA】クライマックスでのアクション 「ストッピングボリューム」

クライマックスでのアクション:ストッピングボリューム

非常に高いボリュームのダウンバーで次のバーがアップした場合、プロフェッショナルの介入を示しています。これは「ストッピングボリューム」です。



補足コメント: 
 もし、非常に高いボリュームが「売り」ボリュームの場合、その次のバーはほとんどアップしないでしょう。


ここは「売買ボリューム」のコンセプトがくずれた地点です。
彼らはバーがダウンバーであれば「売り」のボリュームであることを前提としています。
この例は彼らのセオリーを非常に驚かせます。

チップス: 
 「ストッピングボリューム」はもともとアキュームレーションの初期に市場へ参入することが出来るサインになりますが、彼らはより多くの在庫を蓄積するためにウィップソーイング(アップダウン)がたくさん来て欲しいと思っています。
 
またマーケットは供給が需要を圧倒するような非常に高いボリュームのアップバーを好まないことを心に留めておいて下さい。