FXボーグ | テクニカル実験室

テクニカル分析を使った自動売買プログラムの開発に挑戦!

スポンサーリンク

MT4とTickstoryをインストールしました。

やっとDELLよりパソコンが届いたので、必要なソフトをインストールしました。




MetaTrader 4とTickStoryです。

MT4でEAの検証につかうtickデータは擬似的に生成されたものらしく、実際の値動きとは全くあっていません。
そのため、ちゃんとしたバックテストをするにはリアルtickデータの入手が必要です。
以前はALPARI社のヒストリカルデータを使用できましたが、1月のスイスフランショック以降入手困難となっているようです。

そこでググってみるとTickStoryがみつかりました。
「Tickstoryで生成された”全tick”はモデリング品質 99.99%以上であり、ほぼリアル値動きを実現できている」のだそうです。 Tickstoryが生成するデータは、Dukascopyが提供しているデータです。
その出所は(スイスFXマーケットプレイス)でのtick情報です。
 また、取得可能な期間は2006年2月1日~という情報を見つけたので早速EURUSDを落としてみようと思います。
9a1bc0b5.g

メジャー通貨をダウンロードしようとおもいますが、結構時間が掛かるようです。。。
152ca761.g

ようやくダウンロード完了しました。
419132c1.g




ヒストリカルデータをMT4にエクスポートする前に、「*.hst」ファイルを削除し
また、プロキシ設定もでたらめなIPを入力し上書きされるのを防ぎます。

68c03b57.g



エクスポートの設定はこんな感じで「OK」をクリックし、しばらく待ちます。