FXボーグ | テクニカル実験室

テクニカル分析を使った自動売買プログラムの開発に挑戦!

スポンサーリンク

2018年の目標

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。新年ということで、これまでのことをちょっと振り返ってみました。

これまでの振り返り

2015年の始め頃に思うところがあってFXの研究を開始しました。裁量は2007年頃にも行っていたのですがリーマンショックの後で離脱したくちです。

また始めたのは、その頃プログラミング能力にちょっと衰えを感じてて「このままだと老後には何も残らないかも・・・」と考えたことがきっかけです。

それで、年齢を重ねるごとに深めて行けるようなテーマを探すことにしたのですが、自分が生涯続けられそうで好きなものということで次の2つを選びました。

一つは「中国武術」でもう一つが「相場の研究」です。共通点はどちらも達人と呼ばれる人が居て、必勝法を日夜研鑽しているという点でしょうか。

「相場の研究」についてはプログラマーということもあり、システムを作って研究することにしました。

最初の頃は甘く考えて、既存のインジケータをちょっと改良すればすぐに結果が出ると思っていたのですが、その考えはすぐに否定されました。

・・・以来、思いつくままに色々な方法を試して来ましたが、勉強することが山ほど出てきます。とりあえず初歩的な試作品を作れるようになってきたのですが、まだまだ満足には程遠いレベルです。

今年の目標

今考えているのは裁量の人たちと同じようなトレードを行えるシステムの開発です。一般的なシストレではモメンタム戦略や平均回帰戦略はあるものの、裁量のそれと比べるとかなりシンプルなものです。

もちろんシンプルこそがシストレの王道ではありますが、おそらくは非科学的なチャートパターン等をシステム化するような人はかなり少ないだろうし、そんなものに労力を掛けるより確実に勝てる方法が他にあるのだと思います。

チャートパターンは非科学的な古い道具かもしれませんが、トレードには実用的で便利なものだと思っているのでなんとか完成させたいと思います。