読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXボーグ | テクニカル実験室

テクニカル分析を使った自動売買プログラムの開発に挑戦!

スポンサーリンク

SimpleAutoTL と SnR インジケーターをMT4に移植。

インジケーター

久しぶりのブログ更新です。この間はデューカスコピーの「JForex」を試していたのですが、思いのほか手こずって結局あきらめてしまいました。
・・・それでいろいろと迷っていたのですが、だんだん「MT4でもいいか」という気になって、とりあえずインジケーターを移植してみました。

SnRインジケーター

f:id:fxborg:20170131021753p:plain

 オアンダの一件もあり、他にシストレが出来そうなところはないかと探していたのですが、これはというものはなかなか見つからないですねーー。

理想は Python でストラテジーが作れて、そのまま発注も行えたら最高なのですが、思うようなものは残念ながら見つかりませんでした。

そんな中でデューカスコピーのサービスは一つの「答え」かなとは思うのですが、サーバーがヨーロッパにある点とJForexの教育コンテンツの少なさがネックのように思います。(その点ではNinjaScriptの方が充実してる。)

そういう訳で不本意ではありますが、またまたMT4に戻ることにしました。

いざ、やってみるとMQL5からの移植は案外簡単で、MQL4もバージョンアップを繰り返した所為か、ほとんど同じスタイルで記述できるようになっていました。

SnRを移植できたので、ブレイクアウトのEAも作ってみました。落ちてくるのを待ち構える感じです。

f:id:fxborg:20170131015728p:plain

全ティックでテストすると散々な結果になりますが、コントロール足でのパフォーマンスはかなりよい感じなので、もう一捻りすれば、良いのができるかも。(妄想)

f:id:fxborg:20170131024057p:plain

もうひとつ「SimpleAutoTL」インジケーターも移植してみました。「CArrayInt」クラスもMQL4で使用できるようですね。

f:id:fxborg:20170131031950p:plain

赤と青が「SimpleAutoTL」で黄色は標準のZigZagインジケーターです。

最後に 

MT4へ2つほどインジケーターを移植してみました。いずれはMT4も使われなくなって、そのうち次世代のプラットフォームに置き換わるんでしょう。ただ、今のところそれに変わるものも見当たらないので、しょうがないかと思うようしています。
MQLは慣れているのでそれはそれで楽ではあるのですが・・・。

こちらからどうぞ
Indicators/SnR.mq4
Indicators/SimpleAutoTL_v2_3.mq4