FXボーグ | テクニカル実験室

テクニカル分析を使った自動売買プログラムの開発に挑戦!

スポンサーリンク

G Band インジケーターをアップしました。

ボリンジャーバンドって意外と機能するんだなと感心したので、以前作った G Trend をバンド風にアレンジしてみました。

f:id:fxborg:20161025235940p:plainUSDJPY 5M 

概要 

GTrend インジケーターでは、値動きの輪郭を抽出してその重心(図心)を使ってトレンドラインを描画しました。(詳しい内容については以前の記事をご覧ください。)

今回はさらに価格とトレンドラインの残差を計算してバンド風に表示してみました。注意点としては GTrend と同様に直近のラインはリペイントします。ただし、頑健なロジックになっているので、むやみに変化することはありません。

▼リペイント度合いを確認するために連続表示してみました。USDJPY1分足です。

(その1)

f:id:fxborg:20161026002410p:plain(その2)

f:id:fxborg:20161026002424p:plain(その3)f:id:fxborg:20161026002439p:plain(その4)

f:id:fxborg:20161026003146p:plain

(その5)

f:id:fxborg:20161026005237p:plain

こんな感じで緩やかに変化して行きます。

最後に

今回は、以前作ったGトレンドをボリンジャーバンド風に改造してみました。Gトレンドはかなり苦労して作ったのですが、システム化に挫折してそのままになっています。今度こそ、リベンジ出来たらよいのですが・・・。

こちらからどうぞ

/Indicators/G_Band_v1.mq5