FXボーグ | テクニカル実験室

テクニカル分析を使った自動売買プログラムの開発に挑戦!

スポンサーリンク

トレンドフォローと平均回帰のパフォーマンスを比較

トレンドフォロー戦略とカウンタートレンド戦略を同時に稼働すれば、リスクヘッジになるそうなので、主要な9通貨10年分のパフォーマンスを比較してみました。

f:id:fxborg:20160925145940p:plain

 ポジティブ・スキューとネガティブ・スキュー

トレンドフォロー戦略では、相場には必ず行き過ぎた値動きが生じるという考えを基に、ブレイクアウトの度にエントリーし続けます。一方平均回帰戦略では、極端な値動きはミスプライスであると考え、安値で買って高値で売ります。

それぞれ正反対の戦略ですが、ロバート・カーバー氏は自著「システマティックトレード」で「ポジティブスキュー戦略」、「ネガティブスキュー戦略」と表現しています。

2つの特徴は次のようになります。

▼ポジティブスキュー

  • ・小さな損失はよく出るが、時として大きな利益が出ることもある。
  • ・保険を買うのに似ている
  • ・オプションを買うのと同じように、価格が予想以上に動くと利益になる。
  • ・損失は小さく頻繁に発生するので、リスクマネジメントはかんたん。
  • ・必要なレバレッジは資産クラスに依存するが、ネガティブスキューよりは低い。

 

▼ネガティブスキュー

  • ・小さな利益はよく出るが、時として大きな損失を被ることもある。
  • ・保険を売るのに似ている。
  • ・オプションを売るのと同じように、価格の動きが予想よりも小さいときに利益になる。
  • ・損失は出ると大きいがあまり頻繁に発生しないので、リスク管理が難しい。
  • ・通常はそこそこの絶対リターンを獲るにはレバレッジを必要とすることが多い。したがって、市場状態が悪くなると一気に暗転する。

(「システマティックトレード」より引用)

 

トレンドフォロー戦略はポジティブスキューなので、平均回帰戦略をネガティブスキュー戦略よりに調整してみました。

f:id:fxborg:20160925172514p:plain

▼損切りのルール

3ATRマイナスになったら、1度だけナンピンします。さらに3ATRマイナスになった場合、損切りします。また、3ATRプラスになった場合も利確します。
いずれの場合も30バー後にイグジットします。

 

この条件での勝率と平均利益、平均損失。

  • ・勝率・・・・・55%
  • ・平均利益・・・10ピップ
  • ・平均損益・・・13ピップ

あまりネガティブ側に偏るとリスクが大きくなるので、ストップの幅を大きく取りすぎないようにしました。

各通貨別のパフォーマンスのサマリー

f:id:fxborg:20160925174350p:plain

上段が平均回帰、下段がトレンドフォローです。

数字のみでは分かりにくいので各通貨のパフォーマンスを並べてみました。

▼AUDUSD

f:id:fxborg:20160925174637p:plain

 

▼EURCHF

f:id:fxborg:20160925174659p:plain

▼EURGBP

f:id:fxborg:20160925174725p:plain

▼EURJPY

f:id:fxborg:20160925174739p:plain

▼EURUSD

f:id:fxborg:20160925174803p:plain

▼GBPUSD

f:id:fxborg:20160925174816p:plain

▼USDCAD

f:id:fxborg:20160925174829p:plain

▼USDCHF

f:id:fxborg:20160925174841p:plain

▼USDJPY

f:id:fxborg:20160925174858p:plain

トレンドフォロー戦略と平均回帰戦略のポジション・バランスは難しいところですが、同著でロバート・カーバー氏は次のように述べています。

私は特定のタイプの投資スタイルや投資対象をひどく嫌っていることが本章でわかったはずだ。特にネガティブスキューを持つものが嫌いだ。この事実とはまるでかけ離れているが、私のトレードシステムの3分の1がこのカテゴリーに入る。

私は1つの環境でトレードルールを使うよりも、異なる環境で異なる動きをするさまざまトレードルールをバランス良く組み合わせたほうがよいと思っている。

(「システマティックトレード」より引用)

 

 最後に

トレンドフォロー戦略と平均回帰戦略のパフォーマンスを比較してみました。
今後はそれぞれの相関や許容リスク等を計算しなくてはなりませんが、これ以上のことは NinjaTrader では厳しそうです。そろそろ Python の出番でしょうか。

 こちらからどうぞ

ZScoreTester.zip
CascadeRSI.zip