読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXボーグ | テクニカル実験室

テクニカル分析を使った自動売買プログラムの開発に挑戦!

スポンサーリンク

NinjaTrader8でもウォークフォワードテスト。乗り換え検討中。

前回は「AmiBroker」でしたが、やはり「NinjaTrader」も見ておくべきだと思い試してみました。結論から言うと、こっちの方がよさそうです。(あくまでも自分にとって)
インストール方法はこちらの記事を参考にしました。

ウォークフォワードテスト

主要9通貨で「EMAのクロス」を15年分日足で検証したのですが、10分足らずで完了しました。

f:id:fxborg:20160708210337p:plain

この速さなら、気軽にウォークフォワードテストを行えますね。

検証結果データ 

ウォークフォワードテストの結果はエクセル形式に出力することが出来るようです。

f:id:fxborg:20160708211213p:plain

システマティックトレード ──独自のシステムを開発するための完全ガイド 」によれば、

各サンプルのパフォーマンスよりも相関を重視するべきと書かれていたので、このようなデータを利用できるのは有難いです。

気に入った点
  • ・ユーザーインターフェースがCool
  • ・バックテストが充実。
  • ・開発言語がC#をベースにしているので自由度が高く、学習コストも低そう。
こっちに乗り換える為のハードル
  • ・ヒストリカルデータはどこから入手できるか調査。
  • ・日足以外のバックテストが試せないので方法を調査。
  • ・インジケーターとEAの移植。

最後に

「NinjaTrader」のことは知ってはいましたが、想像以上によくできていますね。もともとはFX用のソフトではないようなので、そのあたりが気になるところです。FXで使っている方の情報などを聞いてみたいですね。