FXボーグ | テクニカル実験室

テクニカル分析を使った自動売買プログラムの開発に挑戦!

スポンサーリンク

ろうそく足判定の続き「キャンドル・スキャナー」をアップ。

プライス・アクションを判定する準備段階として、地味ですがロウソク足の読み取りを行いました。こんな感じです。f:id:fxborg:20160615030230p:plain「キャンドル・スキャナー」

ロウソク足の判定ルール

ロウソク足を以下の3つの属性で分けてみました。

バー全体の大きさ 

  1. 極小 
  2. 小  
  3. 中    
  4. 大  
  5. 極大 

実体とバー全体の比 

  1. 同時線
  2. コマ
  3. 通常 
  4. 長大
  5. 丸坊主

ビゲの偏り

  1. 引け側坊主
  2. 引け側ヒゲ小
  3. 引け側ヒゲ中
  4. ニュートラル
  5. 寄付側ヒゲ中
  6. 寄付側ヒゲ小
  7. 寄付側坊主

以上の3要素で判定を行います。確認用としてスキャン後に得られた内容を基に、再度ロウソク足をアウトプットしてみました。

最後に

一つずつ「下ヒゲ大陽線」とか名前をつけていたらパターンが増えすぎたので、3つの属性に分けて整理してみました。この方が扱いやすそうです。次回は「ピンバー」や「リバーサルバー」などに取り掛かれそうですね。

こちらからどうぞ

Include/MyCandle_v1_00.mqh
Indicators/candle_scanner.mq5