FXボーグ | テクニカル実験室

テクニカル分析を使った自動売買プログラムの開発に挑戦!

スポンサーリンク

ろうそく足の判定、はじめました。

123フォーメーションの方はなんとか目処がたったので、今度はプライスアクションの判定部分に移ります。まずは1本のろうそく足で、陽線と陰線のパターンを分類してみました。

f:id:fxborg:20160613021913p:plain

表現方法をどうしようか迷ったのですが、こんな感じにしてみました。↑↑↑

 ろうそく足の陽線と陰線

陰線と陽線をネットで調べたら、大体こんな感じの分け方になっていたので・・・

f:id:fxborg:20160613022731p:plain

実体のサイズ×ヒゲ型で24種類に分けてみました。

実体の種類・・・[長大陽線、長大陰線、大陽線、大陰線、小陽線、小陰線]
計6パターン

ヒゲの種類・・・[丸坊主、上ヒゲ、下ヒゲ、両ヒゲ]
計4パターン

コード上ではこんな感じになります。

enum ENUM_CANDLE_TYPE // candlestick types
{
CANDLE_TYPE_NONE=0,
CANDLE_TYPE_BOUZU_CHOU_DAI_YOUSEN= 30,
CANDLE_TYPE_BOUZU_CHOU_DAI_INSEN = -30,
CANDLE_TYPE_BOUZU_DAI_YOUSEN= 20,
CANDLE_TYPE_BOUZU_DAI_INSEN = -20,
CANDLE_TYPE_BOUZU_SYOU_YOUSEN= 10,
CANDLE_TYPE_BOUZU_SYOU_INSEN = -10,

CANDLE_TYPE_CHOU_DAI_YOUSEN= 31,
CANDLE_TYPE_CHOU_DAI_INSEN = -31,
CANDLE_TYPE_DAI_YOUSEN= 21,
CANDLE_TYPE_DAI_INSEN = -21,
CANDLE_TYPE_SYOU_YOUSEN= 11,
CANDLE_TYPE_SYOU_INSEN = -11,

CANDLE_TYPE_SHITA_HIGE_CHOU_DAI_YOUSEN=32,
CANDLE_TYPE_UWA_HIGE_CHOU_DAI_INSEN=-32,
CANDLE_TYPE_SHITA_HIGE_DAI_YOUSEN=22,
CANDLE_TYPE_UWA_HIGE_DAI_INSEN=-22,
CANDLE_TYPE_SHITA_HIGE_SYOU_YOUSEN=12,
CANDLE_TYPE_UWA_HIGE_SYOU_INSEN=-12,

CANDLE_TYPE_UWA_HIGE_CHOU_DAI_YOUSEN=33,
CANDLE_TYPE_SHITA_HIGE_CHOU_DAI_INSEN=-33,
CANDLE_TYPE_UWA_HIGE_DAI_YOUSEN=23,
CANDLE_TYPE_SHITA_HIGE_DAI_INSEN= -23,
CANDLE_TYPE_UWA_HIGE_SYOU_YOUSEN= 13,
CANDLE_TYPE_SHITA_HIGE_SYOU_INSEN=-13

};

 最後に

最終的には「4バーでのプライスアクション判定」を、と考えているのですが、まずは1本のろうそく足に注目してみました。次回は十字線やピンバーを実装してみようと思います。

こちらからどうぞ

Include/MyCandle.mqh

Indicators/mycandletype.mq5