読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXボーグ | テクニカル実験室

テクニカル分析を使った自動売買プログラムの開発に挑戦!

スポンサーリンク

OMAとNMAを理解しやすいように書き直してみました。

テクニカル分析

OMA(one more avarage)とNMA(Natural Moving Avarage)を自分で理解しやすいように書き直してみました。

f:id:fxborg:20160323231930p:plain

  • 赤青の線・・・OMA(One More Average)
  • 紫系の線・・・NMA(Natural Moving Average)

 以前に少し触れましたが運用はOandaAPIを予定しています。そのためにインジケーターを他の言語(Python等)へ書き直すことになります。自作のモノはあまり問題ないのですが、他の方のモノは内容をしっかり理解する必要があります。

そういう訳で今回はちょっと気になっていた2つのインジケーターを自己流で書き直してみました。

NMA

ボラティリティの変化で重み付けをした意外と単純なモノでした。
ローパスフィルタでスムージングをしています。

OMA

EMAと似たようなラインになるみたいです。適応型オプションを有効にするとまったく別物に変わります。

f:id:fxborg:20160323234217p:plain

  • 赤青・・・・適応型モード有効
  • グレー・・・ 期間固定


EAで扱いやすいようにもう少しイジってみようと思います。

こちらからどうぞ

/Indicators/snma.mq5
/Indicators/oma.mq5