読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXボーグ | テクニカル実験室

テクニカル分析を使った自動売買プログラムの開発に挑戦!

スポンサーリンク

G Trendをバックテストの表示に対応しました。

テクニカル分析 Auto Trend Line

GTrendのラインがバックテスト上で表示されなかったので、バックテストに対応するために書き直しました。GTrendに限らずインジケータの確認にはバックテストがとても役に立ちます。試した事ない人もいたらと思って今回は動画もUPしてみました。

※動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。

リペイント系のインジケーターがEAに適さないことはよく分かっているのですが、せっかくトレンドラインを自動的に描けるようになったので頑張ってEA化したいなと思っているこの頃です。

それにはしっかりと動きを観察してルールなどを考える必要があるのですが、G Trendはオブジェクトのラインを使っているせいかバックテストになんにも表示されません。

・・・これでは観察のしようがないので、ちょっと手間ですがオブジェクトを使用しないバージョンを改めて作ることにしました。

ロジックはこれまでとほとんど同じですが、外側のラインを微調整しています。あまり外側のラインが広がり過ぎないように制限を設けました。 

ともかくこれでバックテスト上でラインが表示されるようになりました。より見やすくなったので効率よくチェックできそうです。

こちらからどうぞ

/Indicators/G_Trend_deb_v1.00.mq5 (バッファへ書込みバージョン)
/Indicators/G_Trend_v1.22.mq5 

v1.21とv1.22の変更点 
・外側のラインが広がり過ぎないように制限を設けた。
・IDを追加、違う期間などで同時にG Trendを表示する際は異なる番号を設定してください。