FXボーグ | テクニカル実験室

テクニカル分析を使った自動売買プログラムの開発に挑戦!

スポンサーリンク

バンドパス・フィルターで「Swami Charts 」を作ってみた

エーラース氏の記事を探っていたところ「Swami Chart」というものが目に留まりました。これはバンドパス・フィルターを使って各周期別の勢力を同時に表示するインジケーターのようです。あんまりカッコよかったのでつい作ってしまいました。f:id:fxborg:20160128002415p:plain

(period:60,delta:0.5,fraction:0.2 )
上が長期で下が短期のデータを示しています。緑が上昇で、赤が下降です。

 バンドパス・フィルターは特定の周波数以外をカットするフィルターですが、今回は12~60期間の各周期(計25周期)を計算しています。

下部から上に向かって連続的に勢いの変化する様子を確認することができます。大きな値動きでは上から下まで一気に色が変化していますね。
実は「Swami Charts」の詳しい使い方をまだ読んでいないので、あとで調べてみようと思います。

ここのところエーラース氏の記事などを参考にデジタル・フィルターの勉強をしていますが、面白いアイデアが結構あってとても刺激になります。すこし遠回りにはなるのですが、信号処理系の知識をふまえた上で、さらにテクニカルの理解を深めていきたい思います。

 では、こちらからどうぞ

Indicators/bandpass.mq5