読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXボーグ | テクニカル実験室

テクニカル分析を使った自動売買プログラムの開発に挑戦!

スポンサーリンク

LogicalStopsをEAに組み込んでみました。

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
さて、前回作ったLogicalStopsとトレンドMAをEAに組み込んでみました。

f:id:fxborg:20160103170606p:plain

LogicalStopsをベースにしたトレーリングストップを働かせつつトレンドMAに沿ってトレードするようになっています。エントリータイミングはSwingStrengthです。

いろいろと考慮した結果。まずは一定期間(3ヶ月~1年)にフィットしやすいようなEAを作っていこうと思います。理由はたんに簡単ということもありますが、一回作って放置するよりも、直近の結果を基にEAを最新に保つ方がいいんじゃないかなと思ったためです。また、シンプルなEAを作って増やすのは楽しそうですし・・・。

ということで、今回はMA期間を調整することで最適化できるEAを作ってみました。

f:id:fxborg:20160103174426p:plain

EURUSD(M15)ですが、そこそこフィットしているようです。

 

このMAを調節すればエントリー用インジケーターを変えてもうまく機能するんじゃないかと思ったので、気になっていたSuperTrend インジケーターでもやってみました。

f:id:fxborg:20160103182104p:plain

おなじくEURUSD(M15)ですが、なかなかよいですね。

 

今回はMAに沿って純張りで仕掛けるタイプのEAになっていますが、逆張りやスクイーズなども試したいところです。

 

今回のEAではこちらの記事を参考にしました。

またSuperTrendインジケーターなのですが、現在バーをセットしないように1箇所イジってます。(バーが形成中だと間違ったシグナルが出るため)

オリジナルはこちらです。https://www.mql5.com/ja/code/527

 

その他のプログラムは、こちらからどうぞ

共通ファイル

 

SwingStrength EA用

SuperTrend EA用