読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXボーグ | テクニカル実験室

テクニカル分析を使った自動売買プログラムの開発に挑戦!

スポンサーリンク

新しいオシレーターは「Candle Strength」と名付けました。キャンドルの強さを表します。

前回、作ったオシレーターをさらに改良して「CandleStrength」と名付けました。

ヒゲと実体を計算しキャンドルの強さを測ります。

f:id:fxborg:20151128100930p:plain

計算はとてもシンプルですが、プライスアクションでの強さを表現するために考えました。

 設定を「期間=1」としてキャンドルと比較してみます。

f:id:fxborg:20151128112453p:plain

「ヒゲの影響を反映しつつも実体を優先する」この辺りのバランスが勘所です。

メインのロジックは


double up= MathMax(0,(close[i]-open[i])) + (close[i]-low[i]);
※上昇力 = 実体+(終値 - 安値)

double dn= MathMax(0,(open[i]-close[i])) + (high[i]-close[i]);
※下降力 = 実体+(高値 - 終値)

double dir=(up/MathMax(0.0000001,(up+dn)))-0.5;
※バランス = 上昇力/(上昇力+下降力)

double CS;
CS=dir*( (high[i]-low[i])+MathAbs(close[i]-close[i-1]));
※CS = バランス * (値幅 + 上昇幅(または下落幅))

 のように古典的なテクニカル風になっています。

 

このインジケータの計算をベースにスクイーズも考えてみたいと思います。

 

こちらからどうぞ

Indicators/CandleStrength_v1.0.mq5