読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXボーグ | テクニカル実験室

テクニカル分析を使った自動売買プログラムの開発に挑戦!

スポンサーリンク

5分足の出来高を1時間足に変換してみました。(前回の続き)

今回も前回に続いて出来高を分析しています。

前回つくった5分足の出来高を1時間足に変換してみました。

f:id:fxborg:20151101105218p:plain

今回は3色でバーを表示しています。単純にADXのDIとおなじ方法で判定しました。

まず始めに5分足の出来高を1時間足に変換したのですがこれがかなり大変でした。

f:id:fxborg:20151101102700p:plain

1つのバーごとに5分足データを取ってきて方向を計算し、つなぎ合わせていく必要がありました。MQL5インジケータの場合、iCustomでより小さい時間足のインジケータを呼ぶことはできないみたいです(ですよね?)。MQL4だったらもっと簡単に出来るような気がします。

 

今回はシンプルにADXのDIと同じ方法で上昇・下降・ハラミを調べて、同じ方向が続く場合積み上げるようにしてみました。

 

こちらからどうぞ

Indicators/DI_Bars.mq5 3色バーの表示

Indicators/UpDnVol.mq5 5分足のアップダウン出来高

Indicators/SwingVol_v1.03.mq5 時間足に変換した出来高

Indicators/SwingVol_v1.04.mq5 DIごとに積み上げた出来高

 

上昇時・下降時・保合い時の期間を上手に区切ることができれば、その時どちらが優勢なのか判断できそうな予感。。。