読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXボーグ | テクニカル実験室

テクニカル分析を使った自動売買プログラムの開発に挑戦!

スポンサーリンク

次は純出来高系インジケーターを作りたくなって来ました。

サポート&レジスタンスの研究の途中でしたが、ヒートマップを製作していたら他にもいろいろ試してみたいことが出てきたので、ちょっと脱線して今度は出来高系のインジケーターを作ってみようと思います。

 

以前の記事で時間帯別の出来高平均をとったことがあるのですが、(過去記事

f:id:fxborg:20151026234222p:plain

 日によって違いはありますが、ある程度は決まったバイオリズムで出来高が増減します。これだとその時間になったから出来高が上がったのか、本当に市場が変化したのか判別が難しいですよね。VSAなどでは出来高を重視するので、この件がずっと気になっていました。

今回のアイデアは、時間帯の呪縛を逃れるためにバー単位に出来高を測るのではなく、価格の振幅ごとに出来高を測ってみたいと思います。

価格の振幅にはギャン(様)スイングの短期を使用しようと思います。

f:id:fxborg:20151026233821p:plain

とりあえず、思いつくままに作ってみようかと思います。(毎度のことですが・・・)