FXボーグ | テクニカル実験室

テクニカル分析を使った自動売買プログラムの開発に挑戦!

スポンサーリンク

ギャン(様)スイングチャートとの比較をしてみた結果

答えあわせの意味を兼ねてギャン(様)スイングチャートと比較をしてみました。

ギャン(様)スイングについてはMQL5.comの記事がくわしいです。

スイングチャートには大きさがあって今回はメイントレンドと比べてみようと思います。まずは簡単にメイントレンドの内容を・・・

 3.1. メイントレンド

メイントレンドのグラフはマーケット動向を表し、3本のバー(3つのバー動向)で描かれます。メイントレンドのグラフは図5に示しています。メイントレンドを構築するルールについて簡単に考察していきます。

  • 上昇動向中(次のバーの高値が前回の3本のバー動向の高値より高く、次のバーの安値も前回の3本のバー動向バーの安値より高い)、次の高値バーを3本のバー動向の前回高値と組み合わせ、メイントレンドの上昇傾向の線を引きます。

  • 下降動向で(次のバーの安値が前回の3本のバー動向の安値より低く、次のバーの高値も前回の3本のバー動向バーの高値より低い)、次の安値バーを3本のバー動向の前回安値と組み合わせ、メイントレンドの下降傾向の線を引きます。

  • 上昇中で次のバーの高値が前回の3本のバー動向の高値を越えず、同時に次回バーの安値が前回の3本のバー動向の安値を下回るとき、動きの方向は下降に転じます。

  • 上昇中で次のバーの高値が前回の3本のバー動向の高値を越えず、同時に次回バーの安値が前回の3本のバー動向の安値を下回るとき、動きの方向は下降に転じます。

  • いずれの動きについても、次回バーの安値が前回の3本のバー動向の安値より高く、同時に次回バーの高値が前回の3本のバー動向の高値を下回るとき、このバーは インサイド(図5参照)と呼ばれ、グラフ構成に加わりません。

  • いずれの動きについても、次回バーの高値が前回バーの高値を上回り、同時に次回バーの安値が前回バーの安値を下回るとき、このバーは アウトサイド(図5参照)と呼ばれます。バーの方向(上昇あるいは下降)により、対応するグラフセグメントを構築します。

 

f:id:fxborg:20151011222134p:plain

 

ということでギャン(様)スイングチャートと(ご)一緒に表示してみます。

インジケーターはこの2つを使用します。

ではさっそく

f:id:fxborg:20151011223214p:plain

お、思っていたより良さそうです。相性がいいのかも。