読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXボーグ | テクニカル実験室

テクニカル分析を使った自動売買プログラムの開発に挑戦!

スポンサーリンク

ブレイクアウト後のプルバックをEA化。

トレンドラインをブレイクアウトした後にプルバックでエントリーするという定番の手法をEA化してみました。 トレンドラインには「SimpleAutoTL」を使用し、プルバックの判定には「GannSwingBars」を使用しています。 EURUSD4H EURUSD過去10年(2017.01.12…

SimpleAutoTL v2.2をアップしました。

SimpleAutoTL v2.2をアップしました。変更点はパフォーマンスの改善がメインですが表示方法なども変えてみました。 EURUSD4H

SimpleAutoTLのブレイクアウトシステム

明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。この頃はトレンドラインを使って何かシステムを作ろうと模索しているのですが、今回はブレイクアウトシステムを試してみました。 (主要9通貨10年分)

SimpleAutoTL インジケーターをNinjaTraderへ移植。

検証用に SimpleAutoTL インジケーターをNinjaTraderに移植しました。一緒にブレイクアウト判定も行っています。こんな感じです。 (USDJPY15分)※2016.12.26 画像を最新版のものに差し替えました。 それから Windows10でフリーズしまくっていたので、今更…

SimpleAutoTL v2.0 をアップしました。

SimpleAutoTL v2.0をアップしました。前回との違いはラインを引くタイミングです。具体的には高値や安値の更新時だけラインを引くようにしました。また過去のラインを表示する機能も追加しています。こんな感じです。 (USDJPY15M )

傾きと標準誤差を一緒に計算する方法。

最小二乗法で切片と傾きを計算しながら、同時に標準誤差まで計算できる方法がこちらの記事に載っています。とても簡単な計算なのでExcelでサンプルを作ってみました。 http://hachisue.blog65.fc2.com/?mode=m&no=106 今回、計算に使用するデータはxとyが…

前回の続き。今度はT検定のP値で最適化

前回の記事のつづきで今度はT検定のP値を使って最適化を行なってみました。前回の平均絶対誤差で比較した場合は短い期間が選択されやすいという問題がありましたが、T検定ではうまく判定できているようです。 トレンドラインの幅は Sqrt(残差平方和/個数)…

G Band インジケーターをアップしました。

ボリンジャーバンドって意外と機能するんだなと感心したので、以前作った G Trend をバンド風にアレンジしてみました。 USDJPY 5M

first brakeout インジケーターをアップしました。

ファーストブレイクを判定してみました。トレンドラインには上位足のトレンドを利用しています。 赤ライン 上位足のトレンドライン(レジスタンス) 青ライン 上位足のトレンドライン(サポート) 赤マーク サポートを下抜け 青マーク レジスタンスを上抜け

上位足の短期トレンドを表示するとほどよい感じに・・・。

前回は「ミクロ・トレンドライン」を表示しましたが、今回は上位足を利用してさらに長い期間に対応してみました。 USDJPY5M。上位の1時間足のミクロ・トレンドラインを利用しています。

自動トレンドライン「Adaptive TL」をアップしました。

トレンドラインを自動的に表示する「Adaptive TL 」インジケーターをアップしました。「G-Trend 」よりもシンプルなつくりになっています。 ※動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。

G Trend の角度の変化を表示してみました。

G Trend インジケーターを使ったトレード・ルールを考えているのですが、傾斜角の推移がひとつの基準になりそうなので、こんなインジケーターを作ってみました。 ヒストグラム・・・長期トレンドの傾斜角度(atan2) 黄色のライン・・・短期トレンドの傾斜角…

G Trendをバックテストの表示に対応しました。

GTrendのラインがバックテスト上で表示されなかったので、バックテストに対応するために書き直しました。GTrendに限らずインジケータの確認にはバックテストがとても役に立ちます。試した事ない人もいたらと思って今回は動画もUPしてみました。 ※動画を再生…

短い足用にG Trend v1.21をアップ。あと、oanda api + qsforex を着手。

G Trend v1.21の動作確認を行っていたところ、細かなバグを発見したので取り急ぎ修正しました。それから短い足では負荷が掛かりすぎるので妥協してバー数に制限を設けることにしました。これで1分足でも表示できるようになります。 (USDJPY1分足 ブレーク…

G Trend インジケーターの動作確認

G Trend をデモでチェックしながら、EA化できそうなパターンを探しています。 昨日は内側のレジスタンスをブレークしました。ストップは長期トレンドのサポートがよさそうです。

G Trend v1.2をアップ。ひとまずこれで完成です。

G Trend インジケーター v1.2をアップしました。これまでトレンドラインの自動化を目標にしてきたのですが、これでひとまずは達成できたかなと思っています。 v1.1との違いはサポート・レジスタンスのラインの求め方と過去のトレンドを表示するモードの追加…

G Trend インジケーター v1.1 をアップしました。

ポリゴンの重心(図心)を基にトレンドを表示するインジケーターということで、「G Trend」という名称にしました。(Googleトレンドっぽいな・・・)また表示速度も改善しています。こんな感じです。 こちらは期間を変えて2つ表示しています。

多角形の重心移動を基にしてトレンドを表示してみた。

多角形の重心移動を基にしたインジケーターを作ってみました。 水色の短い線・・・重心の移動方向を表示しています。 黄色のライン・・・短期トレンド 赤色のライン・・・中期トレンド 紫色のライン・・・長期トレンド