読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXボーグ | テクニカル実験室

テクニカル分析を使った自動売買プログラムの開発に挑戦!

スポンサーリンク

後発先至。「PeakLines v2.03 」をアップしました。値動きに合わせピークの位置を更新します。

PeakLines v2.03をアップしました。過去のピークラインをずっと表示するのではなく、新しく発生したピークの位置で更新するように変更しました。 「後発先至」は中国武術の教えで、相手のバランスの変化に機敏に反応し、相手が動く前に到達する。という極意…

Peak Lines Indicator v2.01 をアップしました。

ピークラインインジケータV2.01をアップしました。パラメータの設定化などの修正が主です。GBPUSD等での設定例を示します。 これは1時間足ですが、ヒストグラムの計算には10分足を1日分使用しています。

PeakLine Indicator v2.0 リングバッファ(反則)を使用。

ピークラインインジケーターV2.0を作成しました。リングバッファを使用して、短期(8時間)のピークを20日分程度記憶し続け、Maに引っかかったら表示していきます。 反則ですがリングバッファにはインジケータバッファの先頭1000要素を使用しています…

ヒートマップの色を変えて、その上にキャンドルを乗っけてみました。

プライスヒートマップの色は緑ベースが気に入っていたのですが、価格が見ずらいので紫ベースに変更してみました。USDJPYH1です。見やすくなったでしょうか・・・。

『Price HeatMap』インジケーターをアップしました。

前回の続きで、短期のプライスヒストグラムをさらに改良してみました。 もはやヒストグラムというよりサーモグラフみたいですね。 この前作った長期のピークラインと一緒に表示しています。価格が見づらいのが課題でしょうか・・・。 今日は時間がなくなった…

今度は長期のプライスヒストグラムで線を引いてみました。(前回の続き)

前回は短期のプライスヒストグラムのピークを表示しました。今度は長期のピークです。この線に価格が達したら短期のピークを表示しようと計画中です。 以前にも似たようなインジケーターを作りましたが、いくつか改良しています。 (https://www.mql5.com/en…

プライスヒストグラム チャネルを公開しました。

プライスヒストグラム チャネルを公開しました。 PriceHistogram Channel Description: プライスヒストグラムを使用したチャネルを表示します。 Display: 赤いライン — ヒストグラムのトップです ドットエリア — 60%の取引された価格帯 ダッシュラインのエリ…

プライスヒストグラム OnClick Event

BSIの開発に一区切りついたので、今度はプライスヒストグラムを使用したインジケータを作っています。MQL5に申請中なのですがこちらで先に公開します。公開されました。こちらからどうぞ、https://www.mql5.com/en/code/13540 PliceHistogram OnClick Event…

VPサポートレジスタンスでトレンドを見るには・・・

VPサポートレジスタンスインジケータは短期(2日)、中期(7日)、長期(26日)のよく取引された価格をラインとして表示するものです。今回は短期と中期のヒストグラムのピークを表示してみました。USDJPY(H1)黄が短期(2日)紫が中期(7日)赤はVWAP…

VPサポートレジスタンス インジケータを最適化しました。

現在作成中のインジケーター「VPサポートレジスタンス インジケータ」を最適化しました。名前は先ほど付けました出来高と価格を基にしているので「Volume Price Support Resistance 」としました。短期(2日)、中期(7日)、長期(26日)を積み上げてピー…

出来高と価格帯を基にしたサポート&レジスタンスラインを引いてみました。

マーケットプロファイルに基にして、サポートとレジスタンスのラインを表示するインジケータを作ってみました。まずは第一弾ということで、これから改良を加えていきたいと思います。

価格と出来高どっちが大事?

価格と出来高とは両方とも、テクニカル分析では不可欠な要素だと思っています。マーケットプロファイルでは価格と出来高を同時に表現することができます。出来高の多い価格帯でサポート・レジスタンスのラインを引くことも出来ます。インジケータの種類によ…

「トレーディング with マーケットスタティスティクス」その4

「Trading with Market Statistics」 by JPERLTrading With Market Statistics - LINKS より私たちは今までPVP(ピークボリュームプライス)とVWAP(出来高加重平均価格)について分析しました 。取引中、値動きがダイナミックに変化する時もこの2つは一緒に…

「トレーディング with マーケットスタティスティクス」 その3

「Trading with Market Statistics」 by JPERLTrading With Market Statistics - LINKS より Basics of VWAP Tradingこの記事では、ディストリビューションとそのピーク価格(PVP)およびトレーディングツールとしてのボリューム加重平均価格(VWAP)の使用…

「トレーディング with マーケット・スタティスティクス」その2

「Trading with Market Statistics」 by JPERLTrading With Market Statistics - LINKS よりパート2 VWAP 出来高加重平均前の記事では、価格軸に沿って記入されたボリュームヒストグラムを導入しました。(その記事の図1を参照してください)。右の外に広がる…

「トレーディング with マーケット・スタティスティクス」 by JPERL

興味深い記事があったのでまとめてみました。「Trading with Market Statistics」 by JPERLTrading With Market Statistics - LINKS より私は、自分自身の啓発のためにこれを書いてかつて発表されたことがない、いくつかの新しいアイデアを紹介したかったの…

Market Profileを勉強中(その3)

Market Profileを勉強しています。参考情報などを残していきたいと思います。「The Ultimate Guide to Market Profile」よりBuying and Selling with Market Profileあなたはバリューエリアの値動きを調べることによってトレンドの形成をおそらく見つけるこ…

Market Profileを勉強中(その2)

Market Profileを勉強しています。参考情報などを残していきたいと思います。「The Ultimate Guide to Market Profile」よりUsing Market Profile私がEminiMindブログに関しておよそ大いに話すように取り引きの最初の60分が1日のトーンを規定してその1日に基…

Market Profileを勉強中(その1)

Market Profileを勉強しています。参考情報などを残していきたいと思います。「The Ultimate Guide to Market Profile」よりMarket Profileへの究極のガイド市場でオーダーを見る方法として最高の方法として理解されています。Market Profileは典型的な「イ…

ジェームズ.ダルトンさんについて調べてみた。

マーケットプロファイルについて調べていくと、この方の書籍が気になったので調べてみました。 (James F. Dalton)ちなみにその書籍はこの2冊です。Mind Over Markets Markets in Profileでは J.ドルトンさんの紹介です。

「マーケットプロファイル」ってご存知ですか?

今日はさっそくPCを注文、届くのは10日後くらいでしょう。ところで、「マーケットプロファイル」ってご存知ですか?恥ずかしながら、私は今まで聞いたことありませんでした。「FXマーケットプロファイル (現代の錬金術師シリーズ)」を読んでカジッた程度です…