読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXボーグ | テクニカル実験室

テクニカル分析を使った自動売買プログラムの開発に挑戦!

スポンサーリンク

インジケーター

SimpleAutoTL と SnR インジケーターをMT4に移植。

久しぶりのブログ更新です。この間はデューカスコピーの「JForex」を試していたのですが、思いのほか手こずって結局あきらめてしまいました。・・・それでいろいろと迷っていたのですが、だんだん「MT4でもいいか」という気になって、とりあえずイ…

SimpleAutoTL v2.0 をアップしました。

SimpleAutoTL v2.0をアップしました。前回との違いはラインを引くタイミングです。具体的には高値や安値の更新時だけラインを引くようにしました。また過去のラインを表示する機能も追加しています。こんな感じです。 (USDJPY15M )

前回の続き。今度はT検定のP値で最適化

前回の記事のつづきで今度はT検定のP値を使って最適化を行なってみました。前回の平均絶対誤差で比較した場合は短い期間が選択されやすいという問題がありましたが、T検定ではうまく判定できているようです。 トレンドラインの幅は Sqrt(残差平方和/個数)…

回帰チャネルの期間最適化。

ひとまずサポート・レジスタンスが表示できたので、今度はトレンドラインに取り掛かっています。まずは回帰チャネルの期間最適化を行なってみました。 ・青チャネル・・・30ー120期間を5バー間隔で回帰チャネルを表示 ・黄チャネル・・・平均絶対誤差…

SnR+ZigZagでヘッドの候補を表示します。

前回のSnRインジケーターとZigZagを組み合わせてみました。サポートとレジスタンスに収まっているZigZagの反転サインを無視することで、主要な反転サインが捉えやすくなります。 またZigZagは確定した頂点だけを表示してリペイントさせないようにしています…

SnR インジケーターをmqlに移植しました。

前回のSnRインジケーターをmql5に移植しました。通常のチャネルと違って、高値安値の更新時に少し戻すのを確認してから線を引き直します。 ・赤点・・・レジスタンス ・青点・・・サポート

SnR インジケーター(NinjaTrader版)をアップしました。

SnR インジケーターをアップしました。サポートとレジスタンスを表示します。サポートとレジスタンスの反転にも対応してみました。 ・赤ライン・・・レジスタンス ・青ライン・・・サポート

RangeTracker インジケーター(NinjaTrader版)をアップしました。

RangeTracker インジケーター(NinjaTrader版)をアップしました。トレンドが休止した後にレンジが形成されたら、そこからドテンし続けます。 こんな感じです。(USDJPY60分) ・上段・・・RangeTracker インジケーター ・中段・・・FlexTrend インジケータ…

FlexTrend インジケーターをアップしました。

以前作ったカスケードインジケーターを平滑化してみたのですが、こちらの方がトレンドの判定に向いてそうです。「システマティックトレード」の予測値っぽくシグナル化してみました。 ・赤ライン:FlexLine インジケーター ・黄ライン:EMA(128期間) ・…

G Band インジケーターをアップしました。

ボリンジャーバンドって意外と機能するんだなと感心したので、以前作った G Trend をバンド風にアレンジしてみました。 USDJPY 5M

David Varadi 氏のAggregate-M をMQL化。

David Varadi 氏のAggregate M インジケーターをアップしました。オリジナルの記事はこちらです。 Aggregate M は 短期と長期の価格パーセントランクを合成したものです。上下5%にタッチしたとこを強調してみました。

DVI Indicator for MQL5.

DVIは2008年にデビッド・ヴァラディ氏が考案したインジケーターです。既に幾つかの言語へ移植されており、Web公開も大丈夫そうなのでMQL5版を作ってみました。(こちらのコメント でも問題なさそう) 中段・・・DVI(ルックバック:252、スム…