FXボーグ | テクニカル実験室

テクニカル分析を使った自動売買プログラムの開発に挑戦!

スポンサーリンク

レンタルサーバーにSoftEther VPN を導入 (Debian7.8)

レンタルサーバーにSoftEther VPN を導入しました。これでどこからでも安心して繋げるハズ。いくつかハマッた点もあるので備忘録として載せておきます。

SoftEther VPN はオープンソースの、無償で、複数プラットフォームおよび複数 VPN プロトコル対応の VPN ソフトウェアであり、筑波大学における研究プロジェクトとして開発されています。
( https://ja.softether.org/ より引用)

実際に使ってみて分ったのですが、通常のVPNとはずいぶんしくみが異なっていて、LANカード、LANケーブル、ハブといったデバイス自体を仮想化することで、物理的には接続不可能な端末同士を仮想デバイスで接続するというようなことを行っています。

f:id:fxborg:20170623224721p:plain( https://ja.softether.org/ より引用)

再インストールしたのでOSの初期設定から行います。

続きを読む

isokinetic チャートで規則性を回復させる

通常のチャートでは指標や時間帯などの影響で規則性が失われることがよくあります。

こういった問題に対して「チャートの方をイジッてしまおう」というアイデアは古くから存在しているようで、練行足、等ボリュームバープライスチェンジ・バー等がありますが、総じて「非時系列チャート」と呼ばれています。

「isokinetic チャート」もそのようなものの一つで、ボラティリティに基づいてチャートを再構成しています。

▼USDJPY15分足

f:id:fxborg:20170618144959p:plain

下段・・・ isokinetic chart(200point 毎)

「isokinetic」 には 等速性 という意味があって、例えば、あらゆる方向に同じ速さで負荷をかけるようなトレーニングのことをアイソキネティック・トレーニングと呼ぶそうです。一定の運動量という意味で用いました。
(「equal activity chart」なども考えたのですが、しっくりこなかったのでこちらにしました。)

続きを読む

AFA v1.1とHiguchi_FD v1.1 インジケーターをアップしました。

AFAとHiguchiFDを更新しました。以前のものはフラクタル次元(1.0~2.0の値)を表示していましたが、この値の信頼性を可視化してみました。こんな感じです。

f:id:fxborg:20170611230154p:plain

▼中段:HiguchiFD v1.1

[length(200)、k1(10)、k2(40)、corr_threshold(0.999)]

  1. ・ピンク・・・k1のフラクタル次元
  2. ・水色 ・・・k2のフラクタル次元
  3. ・赤太線・・・k1の相関係数が基準値以上
  4. ・青太線・・・k2の相関係数が基準値以上

▼下段:AFA v1.1

[length(512)、order(2)、scale1(64)、scale2(128)、corr_threshold(0.998)]

  1. ・ピンク・・・scale1のフラクタル次元
  2. ・水色 ・・・scale2のフラクタル次元
  3. ・赤太線・・・scale1の相関係数が基準値以上
  4. ・青太線・・・scale2の相関係数が基準値以上
続きを読む

AFA (Adaptive Fractal Analysis) インジケーターをアップしました。

AFA (Adaptive Fractal Analysis) インジケーターをアップしました。AFAは、J.B. Gao, J. Hu, W.W. Tung, らが考案したフラクタル分析の比較的新しいツールです。

DFAと同様にトレンド除去後の成分を基に解析を行うのですが、トレンドの求め方に特色があります。グローバルにスムーズなラインを作成するために適応型のトレンド検出アルゴリズムを使います。

より詳細の情報は、以下などをご覧ください。

AFAのスケーリング指数αは0~1の値をとるのですが、今回は反転させてフラクタル次元っぽく表示しています。USDJPY5分足で表示するとこんな感じです。 

f:id:fxborg:20170602081232p:plain

  1. 赤ライン・・・AFA 期間:1024、多項式の次数: 2次
  2. 青ライン・・・赤ラインのSMA(4期間)

・・・あと、Katz法も実装してみたのですが、次元数が1付近に張り付いてうまくいきませんでした。時系列データでフラクタル次元数を求めるような用途には向いてなさそうです。

※Katz法は橋梁の損傷検出のような分野で使用するようです。

【参考】画像相関法とフラクタル次元解析を用いた Baseline-free 損傷検出法(PDF

続きを読む

N次多項式フィットに行列を使う方法

Gao 博士のサイトで AFAのコード を見ていたら、多項式フィットを行う処理が次のように書き換えられてありました(AFAはフラクタル解析を行うアルゴリズムです)。

seg_data = data(xi);
%slope = polyfit(xi, seg_data', fit_order);
%left_trend1 = polyval(slope, xi);
% to be replaced by pre-calculated coefficients
left_trend = (A_coeff * seg_data)';

(前述のサイトにある detrending_method.m より引用)

polyfit() はMATLABで多項式近似を行う関数ですが、そこはコメントアウトされていて代わりに「left_trend = (A_coeff * seg_data)';」と書いてあります。

A_coeffという行列との積をとっているようですが、この行列の中身が気になったのでプロットすると、このようなグラフが表示されました。f:id:fxborg:20170524190848p:plain

これだけで多項式フィットができるなんてちょっと不思議ですね。よく分らなかったので計算過程を可視化してみました。

続きを読む

HFD (Higuchi Fractal Dimension) インジケーターをアップしました。

HFD(Higuchi Fractal Dimension) をMT4で動かしてみましたHFDはフラクタル次元を求めるアルゴリズムの一つです。以下はFDIインジケーターとの比較です。

f:id:fxborg:20170521000124p:plain

中段・・・FDIインジケーター(期間:128)
下段・・・HFDインジケーター(期間:128、k_max:32)

続きを読む

MF-DFAのスペクトル幅を表示してみました。

前回のMFDFAを少し改良しました。今回はマルチフラクタルのスペクトル幅を表示しています。このスペクトル幅はフラクタル構造の多様さを表していて、幅が広いほどマルチフラクタル性が高くなります。

こんな感じです。 

f:id:fxborg:20170513122549p:plain

  1. ヒストグラム・・・マルチフラクタルのスペクトル幅
  2. ピンクライン・・・ヒストグラムの16期間SMA
続きを読む